“仕方”と”やり方”を英語で: “Way to” と”How to”の完全ガイド(例文付き)

“仕方”と”やり方”は日常会話で頻繁に使われる重要な表現です。

以下のようなフレーズでこれらを使っていませんか?会話でこんなことを表現していませんか?

  • 「XXホテルへの行き方を教えてください。」
  • 「英語での言い方が分かりません。」
  • 「この言葉の使い方を教えてください。」
  • 「あなたの考え方は面白い!」

これらの表現を英語でうまく伝えるには、「how」と「way」を使う方法を理解することが重要です。これらの単語をマスターすることで、あなたの英語力はさらに向上します。この記事を通して使い方をしっかり身に付けましょう。

目次

「仕方」と「やり方」を英語で表現

この記事でのWayとhowの使い道ではどちらも同じになるので、あまり気にせず使ってみましょう。

way / how の使い方で最もよく使われる形が the way to と how to です。

XXホテルへの行き方を教えてください。

  • Can you tell me how to get to XX hotel?
  • Can you tell me the way to get to XX hotel?

英語での言い方が分かりません。

  • I don’t know how to say it in English.
  • I don’t know the way to say it in English. 

この言葉の使い方を教えてください。

  • Please teach me how to use this word.
  • Please teach me the way to use this word. 

the way toとhow to も同じように使えます。

他のway toとhow toの例文。主語または目的語としても使えます。

  • The way to the city center is through this road. (市の中心への道はこの道を通っています。)
  • How to fix a flat tire is important knowledge for drivers. (パンクしたタイヤを修理する方法はドライバーにとって大切な知識です。)
  • The way to improve your skills is practice.n (あなたのスキルを向上させる方法は練習です。)
  • How to make a perfect cake is explained in this recipe. (完璧なケーキを作る方法はこのレシピで説明されています。)
  • I finally found the way to solve the puzzle. (私はついにパズルを解く方法を見つけました。)
  • She showed him how to operate the new software. (彼女は彼に新しいソフトウェアの操作方法を教えました。)

to」を使わずに「主語+動詞」を使う

「The way」と「how」の後に不定詞を使わずに「主語+動詞」の形を使うことがあります。「The way to」や「how to」の場合、”to”は「主語+ can」、「主語+ will」、または「主語+ should」に置き換えられることがあります。

例えば、

  • “I found the way I can solve the puzzle.” は “I found the way to solve the puzzle.” と同じ意味です。
  • “She showed him how he should operate the new software.” は “She showed him how to operate the new software.” と同じ意味です。

ここで「主語+ can」、「主語+ will」、「主語+ should」の主語は、本文の主語や目的語を指します。

しかし、文中に出てこない新しい主語や目的語を使う場合には「to」を使うことはできません。これは、新しい主語を導入する場合に当てはまります。

例文:

  • “I like the way you think.”(あなたの考え方が好きです。)
  • “The way you showed me didn’t work.”(あなたが教えてくれた方法はうまくいきませんでした。)
  • “Can you tell me how the situation can be fixed?”(どうすればその状況を改善できるか教えてください。)
  • “How you said it moved me.”(あなたの言い方に感動しました。)

Way to way ofの使い分け

これまで「Way to」という表現について述べてきましたが、「Way of」という表現もあります。これらの違いは以下の通りです。

  • 「Way to」は「~する手段」を指し、特定の目的や結果に至る具体的な方法を表します。
  • 一方で、「Way of」は「~するスタイルや流儀」を意味し、態度や雰囲気を指します。

例文:

  • “Her way of dressing is really cool.”(彼女の着こなし方は本当にクールです。)
  • “I learned the way to get better at writing.”(私は上手に書く方法を学びました。)

「Way of」の使用例:

  • “The company’s way of handling complaints has improved.”(その会社の苦情の対応方法が改善されました。)
  • “Their way of life changed after moving to the city.”(彼らの生活様式は都市への引っ越し後に変わりました。)
  • “Her way of teaching is amazing.”(彼女の教え方は素晴らしいです。)
  • “Her way of speaking is very clear.”(彼女の話し方はとてもはっきりとしていて簡潔です。)

Ofを用いるときはhowは使えません。

X -How of

The way you are の意味

Bruno MarsとBilly Joelはそれぞれ「Just the way you are」というタイトルの曲を持っています。

このフレーズは、完全な形では「I love you just the way you are」となります。

「The way you are」を直訳すると「あなたのあり方」となりますが、より分かりやすい日本語訳は「ありのままのあなた」です。

これは「変わらないで」や「そのままで」といった意味合いを持っています。

このフレーズを使った他の例文:

  • “That’s the way I am.”(私はそんな人間です。)
  • “That’s the way it is.”(それが現実です。)
  • “That’s how my mother is.”(それが私の母です。)

この例文には少しネガティブな雰囲気があります。

これは「何をしても変わらない」「そういうものだから」という諦めの気持ちを表しています。

例文:

“I can’t lose weight. That’s how my body is.”(私は体重を減らすことができません。私の体質です。)

“Japanese economy is not going to get better. That’s the way it is.”(日本経済は良くなりそうにありません。それが現状です。)

これらのフレーズは少し否定的な意味合いを持ちますが、実際の状況を受け入れる際によく使われる表現です。これらは、変更が難しい、または不可能な状況を認める際に特に用いられます。

まとめ: 「仕方」と「やり方」の英語表現

「仕方」と「やり方」を表現する際に最も一般的に使用されるのは「how to」と「The way to」です。さらに、「how (S+V)」や「The way (S+V)」という形式もあります。

また、「The way to」と「The way of」の違いについても理解していただけたかと思います。

「The way to」は具体的な方法や手段を、「The way of」はスタイルや流儀を表します。

最後に、「何をしても変わらない」という不可能な状況を受け入れる表現も学びました。

これは、変更が難しいか不可能な状況を認める際に特に役立ちます。

「仕方」と「やり方」の表現は日常英会話で頻繁に使われるため、まずは「how to」と「the way to」を用いた自分が使いそうな例文を書き出してみることをお勧めします。

また、日常英会話で頻出する文法、単語やフレーズについて定期的に紹介しています。当校の公式LINEに登録していただければ、英会話に役立つ情報を定期的にお届けします。ぜひ友だち登録をしていただき、役立つ情報を得てください。↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次